どうも、Carlです。

トロントに住んでいるということで夏にトロント国際映画祭(TIFF)に行こうと思ってたんですけどチケットの 完売が思った以上に早くて全て逃してしまいました…

そのTIFFの中でも見ようと思っていた作品がこちらでずっと楽しみにしていたんですよ。

しかし予告編を見ても ただのティーン用コメディなのでなんで映画祭に出展されたのか不思議に思っていました。

が、これは納得です。
edge_of_seventeen

スウィート17モンスター(2016)(原題)
The Edge of Seventeen

DIR:ケリー・フレモン・クレイグ
STR:ヘイリー・スタインフェルド
ウディ・ハレルソン
ブレイク・ジェナー
あらすじ
「この世には2つのタイプの人間がいる:何をやっても上手くいく人とそいつらが爆発して欲しいと願ってる人。」後者であるナディーンはたった1人の親友であるクリスタと高校生活を送っていた。彼女がナディーンの兄と付き合い始めるまでは。それからというもの、高校生活が地獄と化す。



面白いです!
青春コメディ映画の王道で 期待を裏切らないストーリー
さらにジョークもピカイチ!
終始ニヤニヤしてた気がしますw
その辺にあるようなコメディに見せかけて実はとても 作り込まれていて主軸も目立たないけれどしっかりしていて行き過ぎないところ精巧です。

笑えなかったと言われればそれまでですが、 粗を探そうとしてもなかなか見つからない。
魅力的なキャラクターもたくさんいますし。
思春期特有の悩みということで共感できる方も少なくないのでは。
かくいう僕もその一人です。



ヘイリースタインフェルドはもともと歌手で僕もファンです。
しかし、この映画ではファンであることを抜いても彼女は 素晴らしいです。
まるでフィクションだと感じさせません。というかこれ見た後で彼女以外にこの役を演じられる人が思いつかなくなります。それくらいハマリ役でした。

というか、この映画、キャラ全般が細かく描かれていてまるで 実在している人たちみたいです。
このタイプの映画でよくありがちなのは 「悪役(だいたいいじめっ子)を悪くしすぎてしまうこと」です。
わかりますよ、特に学校生活で人気者が主人公でない限りからかってくるキャラいます。
それで観客に「うあぁ、こいつら最低だな」と主人公に共感させます。

しかし、この映画をよく見ると その悪役がいないんですよ。
まあ1人それっぽいの出てくるんですけど、でも確かにそいつの言ってることも間違ってないし。
さらに、この主人公ナディーン人気でもないですけど特にいじめられてもいません。
地味ですけどそこが新しいのです。

でも実際学生生活を思い出してみると、ほとんどの場合そこまで悪いやつはいません。
いるかもしれませんがそいつは多分悪いことだと自覚していないです。
今の世の中漫画や映画の主人公はいつも正しいことをします。モラルに従って行動します。そして子供達はそれに憧れて同じ行動を取ろうとします。漫画や映画を見るだけで「これが正しい、これが悪い」という悪く言えば偏った 固定観念を植えつけられているのです。
(まあそれが狙いなのですが…)
ともかく、仮面ライダーを見て人々を殺す怪人に憧れる人はいないですよね?
ドラえもんを見て「ジャイアンになりたい!」って思う人はいないですよね?
子供でも人はみんな感じ方が違うのである人から見ると悪いことでも別の人にはそう見えないかもしれません。
つまり、いじめっ子だって彼らからしてみれば悪いことをしてるとは思ってないので "比較的"悪い行動に見えても"どこの誰が見ても悪いこと"はしないのです。
(基本人の気持ちを考えられない馬鹿さからくるものです)

これが現実ですが、学校コメディもののいじめっ子ってだいたいすごい悪いですよねw
どのように解釈しても"正しい"とは考えられないことしますよね。
キャラを極端にして笑いを誘うのです。
そこがリアルじゃなくてあまり好きくなれなかった コメディ映画の弱点を見事克服したのがこの映画です!



お気に入りはウディ・ハレルソンの役ですかねw
毒吐く割に何かあったら助けてくれそうな安心感があって頼れそうな良い教師です。

ブレイクさんの役は今まで演じてきた中で一番人気者だったんじゃないかなw
それにしても筋肉すごかった…
(ブレイクさんは グリー(2009-2015)出身だから歌手のヘイリーとコラボして歌って欲しかったなw)




地味だけど笑えて楽しいし心温まるストーリーになっているので是非オススメです!

では。

スウィート17モンスター [Blu-ray]
ヘイリー・スタインフェルド
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2018-04-25


glee/グリー コンプリートDVD-BOX
マシュー・モリソン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2016-12-02



P.S.
この映画でのヘイリーが すごいホットで好みです。
…はっ、ダメだおれにはアリシアちゃんが…