どうも、Carlです。

あけましておめでとうございます!
2017年もたくさん映画を見ていきましょう!

ところで、クリスマスはどう過ごしましたか?
そうですよね!”クリスマス映画を見る”ですよね!
(”彼女/彼氏と過ごす?は?)

僕は映画を好きになってから毎年ダイハードを見ると決めていてこれだけは譲れません
ホームアローン(1990)ラヴ・アクチャリー(2003)もいいですがやっぱりベストクリスマス映画といえばこれでしょう。
ということで、2017年初投稿はダイハードということでファイナルアンサー!
p10255_p_v8_aa

ダイハード(1988)
Die Hard

DIR: マイケル・ケイメン
STR: ブルース・ウィリス
   アラン・リックマン
   アレクサンダー・ゴドノフ
あらすじ
ニューヨークで警察として働くジョンマクレーンはクリスマス休暇にカリフォルニアに住む家族を訪ねる。しかし、妻ホリーの仕事場であるナカトミ・プラザに行くとテロリストグループに占拠されてしまう。人質を逃れたジョンはただ一人でテロリストたちに立ち向かう。




何と言ってもこの映画の見所は計算された脚本!
アクション映画なのにマクレーン刑事とテロリストグループの首領であるハンスの頭脳戦が繰り広げられる!
この手のカテゴリだと爆発や戦闘の迫力(今ではCGも)に頼りすぎててしっかりとした脚本があることは少ないものです。
でも忘れないでください、映画の基盤はストーリーです!
脚本という骨に肉をつけていくのが映画製作。その骨格がしっかりしていないとどんなにでかい肉をつけたところで支えきれずに崩れてしまいます。
この映画は肉と骨のバランスが素晴らしい!いわばモデル体型な映画です!
さらに散りばめられた伏線は何度見ても飽きさせない!
まさに傑作中の傑作なのです。


まずオープニングシーンからすでに伏線は張られていますね。
(友達にこの映画を見せた時、見逃しててオイッてなりました)

しかし、ここでプロットホールらしきものがあります。
いくら警官とはいえ公務外での飛行機搭乗で機内に拳銃は持ち込めないと思いますが…
まあすごーく小さいことなのでいいでしょう笑
こんなので僕のダイハード愛は撃ち砕けない

マクレーンがナカトミビルに着くとタカギ社長とキースに会います。
さらっと流されていますがこいつここでコカインをキメていますねw
そして、ホリーを狙っている彼はプレゼントのロレックスをしれっと自慢してきます。
こういうやついるわ〜笑 そう思わせる見事な演技!)

ホリーとの喧嘩直後にテロリストグループがやってきてあっという間にフロアは占拠されてしまいます。
ハンスはタカギ社長をあぶり出すとテロリストの顔からすっと笑顔になり「いかがお過ごしで?」などと聞く。
必要な情報を聞き出す時、テロリストのままだと反発して言わないだろうと思ったのか急に友達みたいに話しかけてきます。
こいつ…できる…!
しかも、ハンスを写すカメラも彼がテロリストとして話す時はローアングル、社長の肩に手をやってにこやかに話す時はニュートラルアングルに変わるなどシンプルながら細かいカメラワークです。
(カメラワークのアングルについてはこちら)
01 PM

このショットとか完璧ですね。
ローアングルからこいつらまだ余裕があると見せながら、ハンスが前にいることで後ろにいるテオより大きく見せて立場の違いを表しています。
(後ろを向かないで指示を出すのも二人の信頼関係がわかりますね)

タカギ社長殺害を目撃したマクレーンはことの大きさに一人でこの場を抑えるのは無理だと判断し何とか応援を呼ぶ手段を考えます。
火災報知器を鳴らすというのもなかなか頭いいですがハンスに軽く足なわれた上に居場所が割れてしまします。
45 PM

トニーを殺したマクレーンはエレベーターの上に乗り、トニーの死体に動揺するテログループの情報を手に入れます。
誰がこんなこと思いつきますか!頭いいですね〜
確かに人質を大勢取られて敵の人数や目的がわからないこの状況、冷静になって少しでも情報を手に入れるのが得策と言えるでしょう。
念を押しますけどこの映画、主人公も敵も頭がいいんですよ!

トランシーバーを手に入れたマクレーンは直接110番への連絡を試みます。
それも頭の切れるハンスに居場所がバレて中断されます。
その後、ついに異変をチェックしにアル巡査がやってきます。
フロントではテロリストが「え?異変なんてないよ」て感じを出してくるので帰ろうとすると、上から死体が降ってきてマシンガンぶっ放されます笑
(これは怖い)
39 PM

「Welcome to the party, pal!」

警察が駆けつけたところでマクレーンがハンスにファーストコンタクトをとります。
クソ野郎ドウェイン警部も現れて事態はノンストップで動き続けます。
それにしても、アルとの無線越しの奇妙な友情には熱くなりますね。
マクレーンはハンスと、アルはクソ上司と、戦う場所や相手は違っても志は同じ。

一方もう一人のクソ野郎キースはというと、かっこつけるためにテロリストと交渉に行ってあっけなく殺されましたねw
しかしこれで身元がバレてしまったマクレーン。
じわじわと詰め寄る両者互角!

導火線を確認しに来たハンスはマクレーンに見つかってしまいます。
43 PM

このショットめちゃくちゃいいですね!
ばっと現れたマクレーンの足だけを写すことでハンスと同じ驚きを観客にも与え、この後の銃撃戦のために彼が裸足であることを再確認させます。
(同時にハンスもそのことに気がつきます)
咄嗟にハンスはマクレーンが自分の声しか知らないことを思い出し、逃げ出した人質のふりをします。
(ちゃんと癖のあるアランリックマンのアクセントも変えている
実はこのシーン、アランリックマンのアイデア!
今ではこの映画を代表するシーンの一つですね。

一見普通に会話しているように見えますが二人とも探りを入れる会話はダッチアングルによって描かれ、観客の居心地を悪くします。
マクレーンはハンスの正体を見破りますが、ハンスも負けていません。グラスを撃たせてマクレーンを手負いにさせます。

そして、ついにカールは憎き相手マクレーンを捕まえます。
トニーのことがなければすぐに殺せたのに、やはり憎しみは人を狂わせますね。「痛めつけてやりたい…」そう思ったのか引き金を引きません。
そして肉弾戦へと突入。

一方ニュース番組では手柄を立てようとしたキャスターがマクレーン宅を訪問します。
そこにハンスが気づく!他の人質とは別にホリーは切り札として連れて行かれてしまいます。

なんとかカールを倒したマクレーンは屋上に上がっていく人たちに「罠だ!爆発すんぞ!」と伝えますがテロリストと勘違いされて味方に撃たれてしまいます笑
もうすぐ爆破するし撃たれるしで散々なマクレーンは「もう二度と高いビルには登らねえぞ」と捨て吐き、バンジージャンプにチャレンジw

ついにクライマックスに突入!
弾なしマシンガンと2発入ったハンドガンを持ってボロボロの体でハンスとの真っ向勝負!
武器はマシンガンだけだと思わせるためにわざと構えて行き、手を頭に乗せる。
不敵な笑みを浮かべるとハンスも勝利の笑みを。
その一瞬をついて、背中にテープでくくりつけてあったハンドガンでパン!パン!と命中!
もう興奮MAXですよ!
ハンスは悪あがきとしてホリーのロレックスの時計を離しません。
ハンスが銃をマクレーンに構える前に時計は外れてハンスは落下していきます。
(余談ですが、アランリックマンはこのシーン3秒数えて落とすと伝えられていたにも関わらず、1のカウントで落とされたのでこの顔は本物です笑)
55 PM

一件落着した現場でアルと初対面を交わします。
お互いの顔を初めて見るのに一言も言わずに笑いながらハグを交わす。熱い!
アルもトラウマを克服したところでボロボロのリムジンが迎えにきますw
最後にLet It Snowが流れてエンドロールを迎えます。

おかげでこの曲を聴くとダイハードが見たくなります笑



いやーこう改めて見るとほぼフローレスで最高な映画ですね!
ビルの中でテロリスト12人に一人で立ち向かう。すごく燃えますね!

とにかく、ダイハードは永遠に大好きなアクション映画であり、オールタイムベストもベスト!
尚、この記事を見た人はこの映画を見たことない10人の友達にDVDを貸さないと朝起きると裸足にタンクトップ姿になってる呪いがかかります。

では。

ダイ・ハード 製作30周年記念版 (2枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]
ブルース・ウィリス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-05-18


ダイ・ハード ブルーレイコレクション(5枚組) [Blu-ray]
ブルース・ウィリス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-10-07




P.S.
数少ない子の映画の弱点の中にもう一つ、FBIのジョンソン捜査官x2とてもとてもいらないです。
どうせやることはシナリオ通りでドウェイン警部と同じなのですからw
まあこんなことで子の映画の評価は下がりませんがね!