どうも、Carlです。

ご無沙汰してます!
実はこの1ヶ月半ブログどころか映画にすら手をつけていませんでした

というのも、期末テストや課題がどっさり出されていたのですw
初めての大学生活、しかも英語ということでこっちも余裕がありませんでした。
(その間ララランドの記事がちょいちょい伸びていたみたいで読んでくださったり感想を残してくれた皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです!
(やはり多くの人に読んでもらえるというのは気持ちいいですね笑)

実際学校自体は1週間前に終わっていたのですが「よっしゃ!これで解放された!」と思ったのも束の間、風邪をひいてしまいました笑
(結構辛かったですよ…)
images

そしてやっと体が回復したら今度は家探し問題に直面ですw
今までは寮にいたのですが、今夏に日本から友達がやってくるということでルームシェアをしようということになったのです。
それで部屋を探していたらいつの間にか5月になっていましたね…w

giftedposter

原題: Gifted (2017)
DIR: マーク・ウェブ
STR: クリス・エヴァンス
   マッケンナ・グレイス
   リンジー・ダンカン
あらすじ
母親が先立ち、甥であるフランクに引き取られたマリーは学校で数学の天性的才能を発揮する。そこに目をつけたフランクの母/マリーの祖母はその天才的頭脳を開花させようと親権を奪おうとする。








20年の時を経て
僕のお気に入り映画の一つである(500日)のサマー(2009)アメイジング・スパイダーマンシリーズ(2012, 2014)の監督であるマークウェブ監督の最新作!
主演はキャプテンアメリカ!
ストーリーも少し惹きつけられるものがあります。
(予告編を見て「これは絶対見よう」と決意しました)

ある数学的天才が天才の道を行くか普通の人生を歩むか。
どっかで聞いたことのあるストーリーですよね?
そうです、故ロビンウィリアムズやあのマットデイモンのグッドウィルハンティング(1997)と同じあらすじです。
この映画は僕も大好きでいつか感想の記事を書いてみたいなと思う傑作です。
o-MATH-570








ウィルとマリーの共通点/相違点
ちょうど20年前に公開された有名な天才映画と今回公開される天才映画はどう同じでどう違うのか、少し気になるところだと思います。

まず共通点は二人とも数学的天才であること。
ウィルは廊下に貼り出された問題を清掃員の身でありながら解いてしまったのは有名なシーンです。
マリーもまた先生や学者に出された問題をすらすら解いてしまいます。

もう一つの共通点は二人とも孤児であることです。
これだけの才能を持ち合わせているのですから人とは違った未来も歩むことができます。
しかしそれはただの可能性であって決断をするのは本人、もしくはその保護者でなければなりません。
本来真っ先に介入してくるはずの両親は他界してしまっているので難しいところですね。

反対に大きな相違点もあります: 年齢です。
ウィルは大学生くらいなのに対してマリーは7歳です。
これが何を意味するかというと、マリーの場合自分の未来を決める権利がありません
グッドウィルハンティングではその権利がウィルにあるので迷い、苦しむという物語ですが、マリーの場合たったの7歳ですので親権が祖母に行くかフランクに行くかで彼女の将来も決まってしまいます。

これがこの映画を難しく/面白くする要素です。
本人が決断できるのであれば本人が責任を持って決めるべきなのですが、それができないとなると慎重によく考えなければマリーの人生を大きく左右する分岐点ですからね。
実際、僕も見ながら考えて見ましたが”これが絶対に正しい”なんて答えは思いつきませんでした。







エモーショナルな演技の嵐
さて、この7歳のマリーは10歳のマッケンナグレイスちゃんが演じていますがめちゃくちゃ可愛いです
天才ということでクールで大人びている役なのですがたまに見せる愛らしさがたっまりまっせん!
前歯が抜けているところがまた可愛らしいw
(俺はロリコンじゃない…俺はロリコンじゃない…)
今年は(日本で)ナイスガイズ!でアンゴーリーライスちゃんが登場し、間もなくローガンでダフネキーンちゃんが話題に上ることでしょう。2017年は子役が豊作!

そしてあのスクリーンに映るむきむきはキャプテンアメリカことクリスエヴァンスですね。
いやはや見事な筋肉演技でしたね〜
彼が盾を投げたり燃えながら飛んでいない役は初めて見たかもしれませんがなかなかいけますね。
この調子でMARVELとの契約が切れた時に筋肉と仕事を失わないで頑張ってもらいたいですw

この映画で気づいたのは主役二人と今回敵役に当たる祖母を演じたリンジーダンカン以外の脇役の人たちもいい演技をしているということです。
マリーの学校の担任はもちろん、法廷で戦う弁護士たちもまたエモーショナルな演技を見せてくれました。
ただオクタヴィアスペンサーは偉大な女優なので今回あまり活躍がない役でもったいないとは思いました。








問題点
全体的にはよくできたドラマなのですがやはり(500日)のサマーを作った監督となるともうちょい遊びが欲しかったというのが本音ですね。
(あの映画は冒頭から独特な世界に連れて行ってくれますから)

一番気になったのはラストです。
クライマックスの解決方法も少し驚きがあり、納得なのですが実は何も解決していないのではと思ってしまいました。
ここで解決したのはフランクと祖母の因縁と彼ら自身の固執していたものであって、先程言った通り”保護者が必要な天才の未来はどうするべきが一番なのか”というものには触れずに終わっていきました。
キャラクターたちの感情が高ぶって観客泣かして全て丸く収まってしまったような印象を受けました。
(僕?ええ、泣きましたよ泣きましたとも!)
でももしかしたら、僕はただグッドウィルハンティングに取り憑かれていただけで実はこの映画ただアドラー家族内事情を描いただけだったのかもしれません。


お気に入りのシーンなのですが少しネタバレなのかもしれないのでご注意を。
さて、忠告しましたからね?w
フランクが保健所から飼っていた猫を処分ギリギリで引き取る時にそこで一緒に処分されるはずだった他の猫も引き取ってしまうところですw
劇中2度ほど「お前猫好きじゃねーだろ」と言われるフランクですが、絶対好きだよこの人!
猫好きならどんな猫でも見捨てることはできませんからね!











人々を救うヒーローから心機一転、悩みながらも幼い女の子一人を守ろうとするクリエヴァの最新作、見る価値ありです!泣いてください!つか泣きます!

では。


gifted/ギフテッド [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
クリス・エヴァンス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-10-17


(500)日のサマー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-07-04


グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち [Blu-ray]
ロビン・ウィリアムズ
ワーナー・ホーム・ビデオ
2012-03-07







P.S.
4ヶ月の夏休みに入り、時間もできたことなのでこのブログともう少しちゃんと向き合っていることにします
もしかしたら過去の記事を編集し直したり色々試してみるかもしれません。